塗り壁のメリット

塗り壁のメリット ハウスメーカーの外壁は窯業系サイディングや金属板などの、外付けによる外壁材が多くなってきています。施工が簡単であり耐久性が高くなっており、以前に比べると施工の費用がお求め安くなっているなどの理由から、こうした壁材を使って住宅建築をする例が多くなっている背景があるのです。
ハウスメーカーでは塗り壁やコンクリートやモルタルなどの仕上げも出来ますが、どの工法を選んでも一長一短の特徴があると言っても過言ではありません。仕上がりの有無や好み、耐久性や耐用年数を勘案に入れて、担当者と相談の上で見積もりプランを考えていくことが大切です。
塗り壁のメリットは建築費用が抑えられることと、建築物の設計自由度が上がることがメリットだと言われてきました。昨今では前述したように壁材の価格が下がり耐用年数も高い為に、メリットは少なくなっています。しかし塗料の進化などによって塗装の耐用年数も上がっているために、メンテナンス費用や建築費などを考えるとどちらにもメリットがあるのです。

ハウスメーカーで建てた住宅外壁の塗り替え

ハウスメーカーで建てた住宅外壁の塗り替え ハウスメーカーで建てた住宅外壁の塗り替えは他の工務店に依頼したものと同じように、建ててから約10年から15年に一度がその目安となります。基本的にこれを行うのは専門の業者やリフォーム店となり、建ててもらったハウスメーカーではありませんが、ハウスメーカーが10年点検などを行う場合に外壁の傷みが見つかったときにはメーカーを通して塗り替えを行うことになります。
ただ10年を経過していなくても、壁にひび割れが発生したり、壁を指で軽くこすってみて白い粉がついてくるようであれば劣化してメインテナンスが必要であるというサインです。家の中と比べて家の外側は風雨や直射日光に晒されているため、劣化しやすくなっています。
それを放置しておくと家屋にとっては大敵である水が侵入してくるきっかけとなるので注意が必要です。もし自分では判断がつかず心配であればハウスメーカーだけでなく、リフォーム店などに相談してみることが大切です。